NGC1300 ~ エリダヌス座・棒渦巻き星雲 Astronomical STScI-PRC2005-01
copyright NASA, ESA, and The Hubble Heritage Team (STScI/AURA)



映画、音楽、食べ物、詩など。夢を追う男です。   不定期な更新なので、たまにお越し頂ければ・・・。これからの季節の食べ物はやっぱり、『梨』でしょ!。               2005年4月3日~
by hoshinoirodori
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
映画
音楽
ER

お目覚めアルバム
料理
レストラン
自然・植物・宇宙
旅行
ドルチェ
絵画・陶芸
体調
時事問題
テレビ
ランチ
愚痴
トラックバック
未分類
以前の記事
2017年 09月
2017年 06月
2017年 01月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 08月
2015年 02月
2014年 07月
2013年 08月
2013年 04月
2013年 02月
2012年 10月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
最新のトラックバック
トラックバック
from ほしのいろどり
大阪・日本橋電気街(でん..
from NIPPON-BASHI S..
コールド・クリーク 過去..
from Kristen Stewa..
プラダを着た悪魔
from Elegance Blog
「Those Were ..
from 湘南のJOHN LENNON..
タルトdeプレごはん。サ..
from 今日のごはん。
11月搭乗分JALバーゲ..
from マイレージサービス情報ドットコム
M:i:3~ミッション:..
from Rusty's Ci..
Grey's Anato..
from 表参道 high&low
二十四の瞳@新文芸坐
from ソウウツおかげでFLASHB..
ライフログ
夜のため息
クラブへようこそ
近未来の世界
春の風を感じて
夕暮れと懐かしさと
うきうき
国際児童年
学生時代の朝6時
北欧での出逢い
暮れなずむ丘
都会のドライブ
こごえる空に
都会の夜
北欧からの風
宇宙を感じる曲
恋の詩 歌い
寿屋の思い出
悲しき天使の歌声
検索
最新の記事
BIONIC BOOGIE「..
at 2017-09-03 17:13
The 5th Dimens..
at 2017-06-03 16:33
HAREM『HAREM』 三たび
at 2017-01-07 17:06
Lamp「A都市の秋」
at 2017-01-03 13:56
mono-folio「Dee..
at 2016-10-03 10:53
Round Table fe..
at 2016-09-10 13:09
天神地下街「Life Qua..
at 2016-09-07 21:39
ルパンが終わってしまった
at 2016-03-19 18:13
クアルテート・エン・シー「A..
at 2016-02-15 19:28
アリアナ・グランデ 『ワン・..
at 2015-08-15 23:18
クリーン・バンディット『ラザ..
at 2015-02-20 11:34
ファレル・ウィリアムス「ハッ..
at 2014-07-13 13:30
ジャスティン・ティンバーレイ..
at 2013-08-04 17:22
グリー3
at 2013-04-11 21:07
チョコチョコ
at 2013-02-13 19:35
吉田美奈子「恋は流星 Par..
at 2012-10-07 01:31
カーリー・レイ・ジェプセン「..
at 2012-10-07 01:15
ジェシー・J「ドミノ」
at 2012-06-04 18:45
アレクサンドラ・スタン「MR..
at 2012-04-30 18:53
トラックバック
at 2012-01-10 20:58
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:旅行( 15 )
新穂高ロープウェイ
先日、飛騨を旅行したときに、高山から足を延ばして、奥飛騨温泉郷に行ってきた。
そのときに、初めて、新穂高ロープウェイに乗ってみた。
当日は、本当に快晴で、標高2156mの西穂高口駅に着いても、ほとんど雲がない青い空に、白銀の山々が輝いて、それは最高な景色だった。
白山連峰もはっきり見ることが出来、とても空気が澄んでいた。
冬にこれほど高い所まで上ったことがなかったこともあり、その景色に感動してしまった。
オーストリアで見たグロースグロックナーも良かったけれども、日本でもこんなに綺麗な景色が見られる場所があったのだと、改めて認識を新たにした。
西穂高口駅では気温3度だったが、風もなく、とても暖かく感じられた。
駅周辺には1m以上は雪が積もっており、雪の中の散歩道での散歩も楽しめた。雪の壁の中を歩いたりも出来て、とても楽しかった。
第1ロープウェイと第2ロープウェイの乗り換え駅である鍋平高原駅/しらかば平駅では、雪合戦をしているグループもいて、微笑ましかった。
これほど綺麗な景色は天候に恵まれていないと見れないので、本当に幸運だったと思う。
是非また再訪してみたい場所が、また1ヵ所増えたなぁと思う。
[PR]
by hoshinoirodori | 2008-03-26 00:23 | 旅行 | Trackback
ローマ・フィレンツェ・ヴェネティアの各施設行列情報
2006年11月中旬現在の
ヴァチカン、ウフィッツィ、パラティーナ、アカデミア(ヴェネチア)の各美術館と、コロッセオ、ピサの斜塔の行列情報。
事前に、地球の歩き方で調べてみると、オンシーズンには、どの施設も長蛇の行列が出来るとあり、覚悟して行ったものの、実際は11月中旬はオフシーズンのため、ほとんど並ばずに入場出来た。

・ヴァチカン美術館
 2006年11月は午前中のみの開館ということもあって、混雑してるかなと思ったものの、現地に10時30分ぐらいに着いたら、入り口で並んでいた0人。その後、個人の場合は、階段を上がった2階が入場券売り場で、4~5人程度しか並んでいなかった。
 とは言え、中に入ると、団体さんを中心に、結構、人は多かった。特に、システィナ礼拝堂は、前回同様、ほぼ満員の状態。

・コロッセオ
 当日フィレンツェへの列車移動があるため、朝一で、コロッセオへ向かう。現地には9時20分頃到着。入場券売り場では6人ほどの行列、すんなり中に入ることが出来た。積年のコロッセオ入場の想いが叶って、とっても嬉しかった。

・ウフィッツィ美術館
 今回の旅で最も入場困難が予想されたものの、これまた全く並ばずに入場出来た。現地に16時30分頃着いたら、入り口に並んでいたのが、やはり4~5人程度。すんなり中に入れた。中もそれほど混んでいなかった。今回は、ボッティチェッリのプリマベーラとヴィーナスの誕生を、椅子に腰掛けてじっくりみることが出来て、大満足。
 なんと、前日にヴァチカンで見たラオコーン群像が、翌日ウフィッツィに運ばれていて、何か我々と旅を共にした感じがして、奇遇だなぁ!と思った。ヴァチカンではあんなに人だかりが出来ていたのに、ウフィッツィでは全く見る人がいなくて、美術品なんて、やっぱり展示場所が重要なのかなぁと思った。
 また、帰国後、2007年に東京国立博物館で開催される美術展に、ウフィッツィに収蔵されている、レオナルド・ダ・ヴィンチの受胎告知が、初めてイタリアを離れて日本にやって来るニュースを見た。あれ~、これって、ウフィッツィで観たっけ?、という感じであるほど、ダ・ヴィンチの受胎告知は印象が薄い。きっと、日本では長蛇の列が出来るのだろうと思う。しかし、フィレンツェに行けば、比較的人が少ない状態で観ることが出来、ちょっと優雅さを感じることが出来るだろう。

・パラティーナ美術館
 ここも、全くと言って良いほど、列に並ぶ必要はなし。現地には10時頃に到着。ここでは、地元ガイドによる解説付きだったので、よく内容がわかった。我々が持っていた入場券では、本来はパラティーナ美術館しか入れないものだったが、入り口で止められなかった、というか入れるものとばかり思って、同じピッティ宮の3階の近代美術館にも入ることが出来た。幸運!。

・ピサの斜塔
 ピサ駅からのバスが、地球の歩き方情報とは異なり(というか間違っていた?)、どのバスに乗れば良いかがわからず、ちょっと悪戦苦闘。結果的には、駅前のロータリーの向こう側にあるバス乗り場から赤い印が付いたバスに乗って正解だった。
 現地には11時30分頃到着。以前と同じくやはり人は多かった。入場券売り場で12時30分の予約がとれて、積年のピサの斜塔入場が実現した。やっぱり、傾いている!。個人でピサに行かれる場合は、是非斜塔に上った方が良いと思う。なお、斜塔入場までには、時間指定のため、待たされる可能性があるため、その間、ドゥーモ、洗礼堂、カンポサントなどに入場してみても良いのではないだろうか。なお、ドゥーモは11月は昼の13~15時が休みなので、その時間は避けて入場した方が良い。また、カンポサントは今回初めて入場したが、観るほどのものではないと思う。

・ヴェネチアのアカデミア美術館
 現地には17時30分頃着いたものの、またしても行列は8人ほど。ほんとに11月のイタリアはついている!!。
 中はこれにもまして、ほとんどがらがら。もうほんとに優雅な感じだった。まあ、当日の11月21日は、アカデミア美術館のちょっと先のサンタ・マリア・デッラサルーテ教会で、聖母マリア宗教祭が行われて、ヴェネチア自体が祝日だったこともあって、入場者が少なかったのかもしれない。ちょうど、ティントレットの聖マルコの奇跡を観ていたら、テレビクルーがやってきて、美術評論家らしき人と共に、何故か20人ほどのギャラリーも一緒についてきたのが面白かった。テレビ的には、「混んでいるアカデミア美術館で評論家が解説をする」ということだったかと思うが、実際の館内はガラガラ・・・。

個人でイタリア旅行する方で、美術館に行かれる際は、11月が超おすすめ!。
[PR]
by hoshinoirodori | 2006-12-09 13:23 | 旅行 | Trackback
なんでバーゲンフェアにぶつけてくるの?
先日、JALからの案内で、10月1~5日に、一社化記念として、国内線全便¥8,000というバーゲンフェアが実施されることがわかった。
その後、¥7,700になったので、なんでかなと思ったら、今日ANAからの案内を見て、びっくり。
そう超割スペシャルとして、全く同じ期間、同じ料金で、実施するとのこと。
だからかぁ~。
その昔、ANAが全便¥10,000のキャンペーンをやっていた頃は、結構強行軍で、あちこち旅行したものだけれど、今では、予約の方法に問題があるので、ANAには乗らない。
JALが過去に行った、JAL+JAS統合記念で全便¥5,000のキャンペーンの時に乗ったけれど、今回は日程が合わないので残念ながら見送り・・・。
JALは新株発行が主原因として株価も連日下げているし、ANAはぶつけてくるなぁと思う。
過去にJASに良く乗っていたこともあって、JALには頑張って欲しいなぁと思うんだけれどなぁ。
[PR]
by hoshinoirodori | 2006-07-19 23:20 | 旅行 | Trackback(1)
MD-81には注意
個人的メモ。
MD-81では、オーディオプログラムがないので、この機体を使った便は予約しないように。


                       Copyright:Japan Airlines Corporation
[PR]
by hoshinoirodori | 2006-07-19 00:43 | 旅行 | Trackback
博多駅立替+古い記念切手+すし屋見つからず
先日、博多駅前を歩いた。
博多口入り口のところに、飾り山が飾ってあったので、思わず、写真を撮る(そのうち公開予定)。
他の人も、携帯等で写真を撮っていた。

そして、博多郵便局の方に向かうと、ビルが壊されていた。昔、博多駅の吉野家で牛丼とか食べたのになぁとか思いながら、道が西日本シティ銀行本店の方に大きく蛇行しているので、この暑いのに~とか思いながら、郵便局へと向かう。

福岡ならではの記念切手はないかなぁと思ったが、出てきたのは、天皇即位10周年の切手。8年も前の記念切手がまだあるなんて、ある意味、切手収集が趣味の人にとっては、博多郵便局は穴場かもしれない。

昼は、九州ウォーカーお勧めのすし屋でと思ったものの、暑~い中、探し回った挙句、結局見つからず、博多区役所前のすし屋に入る。8貫ぐらいに、味噌汁、おしんこ付で780円ぐらいだったかなぁ。あまり感動しない味であった。
その後、やっぱりこの道かなぁとか思いながら、歩いていると、あったよ、その店が。
『寿司 三國屋』
場所はいい線行っていたのに。次回の楽しみかなぁ・・・。
[PR]
by hoshinoirodori | 2006-07-16 18:03 | 旅行 | Trackback
別府温泉は頑張って欲しいなぁ
別府温泉と言えば、その昔は、新婚旅行地としても、そして、温泉好きな人々にとっても、一大観光地だったのに、近年は、時代に取り残された感があって、同じ大分県の湯布院や黒川温泉に負けてしまっている感は否めなかった・・・。
SKYWARD6月号を読んでみると、別府特集が組まれていて、別府に出来た立命館アジア太平洋大学の学生達によって、徐々に別府の街が変わりつつあることを紹介していた。
確か、学生の多くを外国人にするという「へんてこりんな」大学が、今度、大分県に出来るという話は、以前西日本新聞等で読んだことがあった。
しかし、実際に開校してみると、街に思わぬ効果をもたらしていることに驚いた。
結果的には成功しているなぁと感じ、自分自身が昔感じたことが浅はかであったのを、ちょっと反省した。
何回かしか訪れたことはないけれども、別府の街が復活することを願うばかり・・・。
[PR]
by hoshinoirodori | 2006-06-29 00:56 | 旅行 | Trackback
ベスト・オブ「世界遺産」~エジプト 古代文明の輝き~
元々観るつもりではなかったものの、歯を磨くタイミングでテレビをつけると、たまたま『世界遺産』をやっていた。そして、エジプトを特集するとのこと!。これは観なくては!。
で、内容としては、古代エジプト文明の遺跡を全体的になめる感じで、ああ、ここ行ったとか、あ、この中は撮影禁止だったなぁとか、色々と思い出されて、忘れかけていた記憶が思い出された。
また、エジプトに行きたい!、そんな気持ちにさせられた。

でも、なんでこの番組の撮影の時は、大スフィンクスは工事中じゃなかったんだ!、と思わずつっこんでしまった。

                   Copyright: Tokyo Broadcasting System, Inc.
[PR]
by hoshinoirodori | 2006-04-24 00:22 | 旅行 | Trackback
JALのサービスが変更に!
まわし者ではないけれど、JALのホームページでこんな知らせを見つけた。
①タッチアンドゴーの受付が、搭乗日前日の22時からになった。
  →これは便利だ!。
②旅クラブが、2006年度から衣替えし、JMBに加え、旅行会社提携カードが付いたJMBカードが必要になるとのこと。9月末までは入会金がかからないよう。
  →う~ん、囲い込みに入ったかぁという感じ。それに適用条件も厳しくなったし・・・。
    そんなにバーゲンフェアばっかり利用するわけでもないしなぁ~。
[PR]
by hoshinoirodori | 2006-04-21 20:27 | 旅行 | Trackback
ノースウェスト航空の粋なキャンペーン
ノースウェスト航空の粋なキャンペーン、「日本のすべての空で500マイル ニッポン500マイル・キャンペーン」は、どの航空会社でも良いので、日本国内線であれば、搭乗半券のコピーをFAXまたは郵送すれば、半券1枚あたり500マイル付けてくれるという夢のようなキャンペーン。
ワールドパークスの一般会員は、最大5000マイルまで。
これまでの搭乗半券はすべて捨ててしまっている!!。う~、くやしい。余裕で5000マイル獲得出来たのに。もっと早く、このキャンペーンを知っていれば・・・。
それでも、1500マイルは手に入る!。
それにしても、外国の航空会社は、結構変わったキャンペーンをやっていたり、3年以内に搭乗すれば、マイル期限が延長されたりするのに、国内の航空会社はねぇ~・・・。
[PR]
by hoshinoirodori | 2006-02-18 19:07 | 旅行 | Trackback
京阪シティモール
松坂屋が撤退した後のビルはどうなるのだろうと思っていたら、雑貨、ファッション、本、家電などの店が入った専門店ビル、京阪シティモールになっていた。
前の松坂屋時代よりも、面白くなっていて、色々と見て回った。
4階には雑貨屋が入っていて、良い感じ。私が訪れたときにはまだ開店前だったけれども、いまでは無印良品も出店している。
帰り際、まさに天満橋の橋のたもとから、京阪シティモールを撮ってみた。
d0018587_2233970.gif

[PR]
by hoshinoirodori | 2005-08-25 22:00 | 旅行 | Trackback