NGC1300 ~ エリダヌス座・棒渦巻き星雲 Astronomical STScI-PRC2005-01
copyright NASA, ESA, and The Hubble Heritage Team (STScI/AURA)



映画、音楽、食べ物、詩など。夢を追う男です。   不定期な更新なので、たまにお越し頂ければ・・・。これからの季節の食べ物はやっぱり、『梨』でしょ!。               2005年4月3日~
by hoshinoirodori
カテゴリ
全体
映画
音楽
ER

お目覚めアルバム
料理
レストラン
自然・植物・宇宙
旅行
ドルチェ
絵画・陶芸
体調
時事問題
テレビ
ランチ
愚痴
トラックバック
未分類
以前の記事
2017年 09月
2017年 06月
2017年 01月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 08月
2015年 02月
2014年 07月
2013年 08月
2013年 04月
2013年 02月
2012年 10月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
最新のトラックバック
トラックバック
from ほしのいろどり
大阪・日本橋電気街(でん..
from NIPPON-BASHI S..
コールド・クリーク 過去..
from Kristen Stewa..
プラダを着た悪魔
from Elegance Blog
「Those Were ..
from 湘南のJOHN LENNON..
タルトdeプレごはん。サ..
from 今日のごはん。
11月搭乗分JALバーゲ..
from マイレージサービス情報ドットコム
M:i:3~ミッション:..
from Rusty's Ci..
Grey's Anato..
from 表参道 high&low
二十四の瞳@新文芸坐
from ソウウツおかげでFLASHB..
ライフログ
夜のため息
クラブへようこそ
近未来の世界
春の風を感じて
夕暮れと懐かしさと
うきうき
国際児童年
学生時代の朝6時
北欧での出逢い
暮れなずむ丘
都会のドライブ
こごえる空に
都会の夜
北欧からの風
宇宙を感じる曲
恋の詩 歌い
寿屋の思い出
悲しき天使の歌声
検索
最新の記事
BIONIC BOOGIE「..
at 2017-09-03 17:13
The 5th Dimens..
at 2017-06-03 16:33
HAREM『HAREM』 三たび
at 2017-01-07 17:06
Lamp「A都市の秋」
at 2017-01-03 13:56
mono-folio「Dee..
at 2016-10-03 10:53
Round Table fe..
at 2016-09-10 13:09
天神地下街「Life Qua..
at 2016-09-07 21:39
ルパンが終わってしまった
at 2016-03-19 18:13
クアルテート・エン・シー「A..
at 2016-02-15 19:28
アリアナ・グランデ 『ワン・..
at 2015-08-15 23:18
クリーン・バンディット『ラザ..
at 2015-02-20 11:34
ファレル・ウィリアムス「ハッ..
at 2014-07-13 13:30
ジャスティン・ティンバーレイ..
at 2013-08-04 17:22
グリー3
at 2013-04-11 21:07
チョコチョコ
at 2013-02-13 19:35
吉田美奈子「恋は流星 Par..
at 2012-10-07 01:31
カーリー・レイ・ジェプセン「..
at 2012-10-07 01:15
ジェシー・J「ドミノ」
at 2012-06-04 18:45
アレクサンドラ・スタン「MR..
at 2012-04-30 18:53
トラックバック
at 2012-01-10 20:58
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2005年 06月 ( 66 )   > この月の画像一覧
たらこクリームソースパスタ
今日は、行こう!と思ったイタリアンが満席だったので、急遽予定を変更して、新規開拓のイタリアン「パスタベラ」にて。これも、サンシャインシティ内。
日替わりパスタ、924円なり。
たらことイカのクリームパスタ。サラダ+ドリンク付き。
パスタの味はまあまあ。ドリンクはピーチアイスティーにした。
比較的空いていて、ちょっと穴場と言えるかもしれない。
残念ながら、料理からは、次に行こう!という強い動機付けが生まれなかった。1ヵ月~2ヵ月に1回で良いかなという感じ。しかし、ちゃんと禁煙席があったのは、素晴らしい!。
総合評点:83点。
[PR]
by hoshinoirodori | 2005-06-30 23:17 | ランチ | Trackback
焼き魚定食
昨日のランチは、サンシャインシティ内の「魚処 津の家」で。
13時近かったので、煮魚定食が売り切れで、仕方なく、焼き魚定食にした。800円なり。
中ぐらいのシャケの切り身が焼いてあった。いつも行っている和食の店に比べると、同じ金額でありながら、味気ない。まあ、こちらはショッピングモール内にある店なのでしようがないかと思う。
味は、普通。
総合評点:78点。
[PR]
by hoshinoirodori | 2005-06-30 23:11 | ランチ | Trackback
キッチン・ストーリー(SALMER FRA KJOKKENET(KITCHEN STORIES))
映画解説を見ていて、思わず、観てみたい!と思った作品。
スウェーデン人のある博士は、新しい家庭用品開発のため、台所での人の動きを研究していた。次の研究対象は、独身男性が台所でどんな動線を描いて行動するかということ。調査員を北欧各地に派遣しての調査が始まった。この調査では、「調査員と被調査対象者とは会話してはいけない。」という規則が定められていた。

調査員のフォルケは隣国のノルウェーに派遣される。派遣先は、イザックの家。イザックは、調査協力の見返りの馬欲しさに、調査に応募した。
しかし、自分の家で、赤の他人に自分の行動を観察されるのは、落ち着かないし、第一、気に食わない。そこで、イザックは、自分が台所から出るやいなや部屋の電気を消したり、フォルケが座っている椅子の前に洗濯物をつるして見えないようにしたり、フォルケが座っているところの天井に穴を開けて逆にフォルケのことを観察したり・・・。
イザックが或る日、パイプ煙草に入れる煙草の葉を切らしてしまう。それを見かねたフォルケは、無言で、煙草の葉をあげる。お返しに、イザックはフォルケにコーヒーを振る舞う。「ありがとう」そんな一言から、フォルケは規則を破って、イザックと話を始め、2人は急速に心を通わせていく。そんな心温まる話。

自分の中での前評判通りに、心が温まった作品だった。こんな、ほのぼのとした作品も良いなぁと思う。特に、イザックと仲良くしていた隣人のグリーンが、フォルケにイザックを取られたように感じて、フォルケが寝ていたキャンピングカーを線路上に放置したこと(=つまりは、列車がキャンピングカーに衝突するようにした!、これって殺人未遂!)に気付いたイザックが、何も言わず、馬でキャンピングカーを元の位置に戻すなんて話は、見ていて、ほっとした。
スウェーデン人とノルウェー人の仲の悪さを微妙に織り交ぜながら、機微をうがつところを描いていく。
大きな出来事は何も起こらないけれども、日常生活に疲れたときに観ると良い作品だと思う。
更に詳しくは、『キッチン・ストーリー』公式ホームページで。
2003年・ノルウェー/スウェーデン 作品。
[PR]
by hoshinoirodori | 2005-06-30 00:59 | 映画 | Trackback
陶芸教室第7回目
昨日は、陶芸教室最終回だった。
電気釜で焼き上がった、茶碗の品評会。
幸い、私が焼いた(他の人が焼いたものも含め)茶碗は割れておらず、まずまずの出来。
予想以上に、大変な工程を経て、焼き物は出来るんだなぁということが実感出来て良かった。
緑色の茶碗と、黒色の茶碗。
緑色の茶碗は、内部が十分焼かれておらず、十分な光沢が出ず、残念。黒色の茶碗は、全体的に光沢が出ていて、まあまあかなぁと思う。
いずれの茶碗も手塩にかけて作ったので、割らないように、使っていきたい。
[PR]
by hoshinoirodori | 2005-06-30 00:19 | 絵画・陶芸 | Trackback
またのどが・・・
一昨日は、とても暑く(6月の史上第1位の36.2度まで上がったらしい)、エアコンをかけまくっていた。夜ちょっと寒いなぁと思いつつも、ちょっとのどに違和感も感じたものの、そのまま寝てしまった。
で、昨朝起きると、のどが痛い!。またやられてしまった。
早速、風邪薬を飲んだが、ここまで来てしまうと、もう遅い。あと数日はのどの痛みに我慢か・・・。
[PR]
by hoshinoirodori | 2005-06-30 00:12 | 体調
シチュー
数日前に、シチューを作った。
ルーが調味期限切れのため、早く作ろうと思っていたものの、延び延びになっていた。
ちょっと水を入れすぎたので、さらさらになってしまったが、味にはそれほど問題なし。
牛も豚の手頃な肉が手に入らなかったので、鶏肉で作る。
シチューは鶏肉が美味い!と思う。
[PR]
by hoshinoirodori | 2005-06-29 23:56 | 料理 | Trackback
200投稿目と、エポ「12月のエイプリルフール」
『PUMP!PUMP!』


エポ(EPO) / 1986年6月5日発表
評価:★★★★★

(Copyright エポ公式ホームページ "eponica.net"


ようやく、200投稿目。途中、休みも入れながら、ブログを更新。今後も、ゆるりと更新して行けたらと思う。

「12月のエイプリルフール」は、アルバム『PUMP!PUMP!』に収録。最もエポがのっていたころの作品。元々このアルバムは、「音楽のような風」が聴きたくて買ったものの、「渚のモニュメント」「12月のエイプリルフール」「すてきなジェニー」とどの曲をとっても、素晴らしい出来で、とても感動した。エポのアルバムは他にも良いアルバムがあるが、強いて言えば、この『PUMP!PUMP!』に好きな曲が集まっているかなぁと思う。

最近は、アルバムもここ4年ほど発売していないし、1990年代に入ってからは、ポップな曲が書けるはずなのに、何故かポップでない曲を書いたりして、ファンとしては残念な方向に行っている。また、コンサートもやっているようであるが、小規模(それはそれでいいのだが)で、活動は穏やかにやっているという感じ。ただ、1度もライブを観たことがないので、是非1回は観てみたいもの。体育大学出身ということもあって、きっと元気なライブなんだろうなぁ。

確か、「音楽のような風」は、ビデオテープのCMで使われて、「すてきなジェニー」は人形のCMで使われていたのを見た気がする。
そんな中で、「渚のモニュメント」も好きだけど、やっぱり、このアルバムの中で一番好きなのは、「12月のエイプリルフール」。その名の通り、恋を終わらせたい女の子?が、優しくする男の子?の嘘を見抜いて、別れを告げるという歌。この曲を聴くと、同じ経験をしたわけではないのに、切ない気分になってしまう。

      こごえる空に
      もみの木の明り
      街中はにきやかに
      メリー・クリスマス
      ~~~~(中略)~~~~
      車の窓に
      舞い降りてとけた
      初雪のしずく
      涙になった
                (エポ「12月のエイプリル・フール」)

今も、「12月のエイプリルフール」を聴いているが、やっぱり切ないなあ。
[PR]
by hoshinoirodori | 2005-06-29 00:25 | 音楽 | Trackback
餃子定食
今日は、ショッピングモールのクレジット・カードを作ろうかと思って、時間がかからない近くの中華料理店に久~しぶりに行く(4ヵ月以上ぶり?)。
餃子定食、チャーハン付き、750円なり。
この中華料理店は、杏仁豆腐とコーヒーが食べ・飲み放題という店で、たま~に行く。
といっても、コーヒーは美味しくないので、杏仁豆腐目的と言っても良いかもしれない。
今日も、料理が出てくる前と、料理を食べ終わった後に、杏仁豆腐を食べてしまった。
総合評点:78点。
[PR]
by hoshinoirodori | 2005-06-28 23:43 | ランチ | Trackback
アニメ夜話「未来少年コナン」
ERの後に、アニメ夜話がやっていたので、そのまま見る。
今回は、『未来少年コナン』。私が好きな3大アニメのうちの1つ。ということで、先週から見逃すまいと思ってきた。それにしても、最初の放送は、1978年、つまり昭和53年だったんだぁ。
これまで2~3回、全話を観ているが、やっぱりまだまだ。あの、海岸沿いに建てた家に入ろうとするシーン1つとっても、あんなに裏側では、ラナとコナンのキャラクター設定の制約?から、通常ではありえない状態にする(ラナのスカートの中がコナンからは見える/見えないといった話)など、色々あるんだなと思った。
個人的には、誰だろう。やっぱり、ラナとコナンが好きかなぁ。
[PR]
by hoshinoirodori | 2005-06-28 01:45 | Trackback(1)
ER 2005年6月27日放送分
かつてのERメーリングリストでの流儀を思い出したので・・・。



今回のERは、全般的に淋しい話の回。カーターは、キサンガニに帰るケムとの時間を過ごすため、休みを取って、シカゴをあちこち案内する。そして、空港で、東京行きの9000ドルのファーストクラスのチケットを購入してまで、彼女との別れを惜しむ。あそこで、アフリカに行くな!と言って、引き留めるのかなぁと思ったけれど、ちょっと期待外れ。
お父さんが死んでしまい?、息子もかなり危ない状態の家族には、切ない感じがした。幸せと気付かないときが、実は幸せなのかなと思った。
サマンサとルカはやっぱり、良い感じになった。ちょっとしたベッドシーンは、ERにしては珍しいかなぁと思った。


と、「映画・ドラマ」にトラックバックをしてみたが、最初の2~4行目の空白行は表示されず、そのまま5行目以降の「今回の~」というところが表示されて、ネタバレとなってしまった・・・。
[PR]
by hoshinoirodori | 2005-06-28 01:26 | ER | Trackback