「ほっ」と。キャンペーン




NGC1300 ~ エリダヌス座・棒渦巻き星雲 Astronomical STScI-PRC2005-01
copyright NASA, ESA, and The Hubble Heritage Team (STScI/AURA)



映画、音楽、食べ物、詩など。夢を追う男です。   不定期な更新なので、たまにお越し頂ければ・・・。これからの季節の食べ物はやっぱり、『パール柑』でしょ!。               2005年4月3日~
by hoshinoirodori
カテゴリ
全体
映画
音楽
ER

お目覚めアルバム
料理
レストラン
自然・植物・宇宙
旅行
ドルチェ
絵画・陶芸
体調
時事問題
テレビ
ランチ
愚痴
トラックバック
未分類
以前の記事
2017年 01月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 08月
2015年 02月
2014年 07月
2013年 08月
2013年 04月
2013年 02月
2012年 10月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
最新のトラックバック
トラックバック
from ほしのいろどり
大阪・日本橋電気街(でん..
from NIPPON-BASHI S..
コールド・クリーク 過去..
from Kristen Stewa..
プラダを着た悪魔
from Elegance Blog
「Those Were ..
from 湘南のJOHN LENNON..
タルトdeプレごはん。サ..
from 今日のごはん。
11月搭乗分JALバーゲ..
from マイレージサービス情報ドットコム
M:i:3~ミッション:..
from Rusty's Ci..
Grey's Anato..
from 表参道 high&low
二十四の瞳@新文芸坐
from ソウウツおかげでFLASHB..
ライフログ
夜のため息
クラブへようこそ
近未来の世界
春の風を感じて
夕暮れと懐かしさと
うきうき
国際児童年
学生時代の朝6時
北欧での出逢い
暮れなずむ丘
都会のドライブ
こごえる空に
都会の夜
北欧からの風
宇宙を感じる曲
恋の詩 歌い
寿屋の思い出
悲しき天使の歌声
検索
最新の記事
HAREM『HAREM』 三たび
at 2017-01-07 17:06
Lamp「A都市の秋」
at 2017-01-03 13:56
mono-folio「Dee..
at 2016-10-03 10:53
Round Table fe..
at 2016-09-10 13:09
天神地下街「Life Qua..
at 2016-09-07 21:39
ルパンが終わってしまった
at 2016-03-19 18:13
クアルテート・エン・シー「A..
at 2016-02-15 19:28
アリアナ・グランデ 『ワン・..
at 2015-08-15 23:18
クリーン・バンディット『ラザ..
at 2015-02-20 11:34
ファレル・ウィリアムス「ハッ..
at 2014-07-13 13:30
ジャスティン・ティンバーレイ..
at 2013-08-04 17:22
グリー3
at 2013-04-11 21:07
チョコチョコ
at 2013-02-13 19:35
吉田美奈子「恋は流星 Par..
at 2012-10-07 01:31
カーリー・レイ・ジェプセン「..
at 2012-10-07 01:15
ジェシー・J「ドミノ」
at 2012-06-04 18:45
アレクサンドラ・スタン「MR..
at 2012-04-30 18:53
トラックバック
at 2012-01-10 20:58
花王ホワイト
at 2012-01-10 20:56
シクラメン
at 2011-12-30 10:14
ブログパーツ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2005年 07月 ( 58 )   > この月の画像一覧
恋は邪魔者(DOWN WITH LOVE)
「恋は邪魔者」という本を書いた女流作家バーバラ。この本は、女性も男性と同じく、自立した存在になるべき、そのためには、恋は邪魔者!という本。
バーバラは、出版に先立ち、打ち合わせをするため、出版社の女性編集者にニューヨークへ呼び出される。販促の一環として、プレイボーイでならす、別の出版社の男性記者キャッチャーにカバーストーリーを書いてもらう打ち合わせをするため、食事の場を設定する。しかし、キャッチャーに、その度毎に、犬の世話のためすっぽかされる。しかし、その犬が、実は人間の女性のことであったことを知り、バーバラは激怒する。
一方、女性編集者は一計を案じ、エド・サリバンショーで、ジュディー・ガーランドに、本の題名と同じ「恋は邪魔者」という歌を歌ってもらう(この辺詳細不明?)。それをきっかけに、俄然本が売れ始め、バーバラは一躍時の人へ。
バーバラの写真を見たキャッチャーは、彼女の美貌に興味を持ち、自分の素性を明かさないまま、バーバラに近付くが・・・。二人の恋と駆け引きの行方は?。

50~60年代初頭の、映画もアメリカンニューシネマ時代ではなく、音楽もロックンロールやモータウンサウンドが出てくる前の、良き時代のアメリカの雰囲気を上手く出していて、ラブコメ好きの私は気に入った。
あのころの、原色鮮やかな衣装・舞台装置。明らかにわざと絵と分かる背景。また、明らかにわざと合成とわかるシーン、パンナムやキム・ノヴァクなどの細かいディテールなど、50~60年代初頭の映画そのままといった感じ。
一瞬、ミュージカルになるのかと思いきや、歌はなしのラブコメ映画。
上質とは言えないかもしれないが、久しぶりにまあまあのラブコメディーだったかなぁと思う。
最後の最後で、大どんでん返しがあるところが、21世紀の映画と言えるかも。
バーバラに、ほんとに大女優になった!、最後の方の長ぜりふも大変だっただろうな、の、レニー・ゼルウィガー。
キャッチャーに、ユアン・マクレガー。
ついでに、ERのアンスポー部長もちょい役で登場。
エンドロールでは、たぶん本人の歌声だと思うが、レニーとユアンのデュエットも聴ける。さすが、『シカゴ』『ムーラン・ルージュ』にお互い出ていたことはあるなあと思った。
2003年・アメリカ 作品。
[PR]
by hoshinoirodori | 2005-07-31 23:57 | 映画 | Trackback
キル・ビルVol.2(KILL BILL VOL.2)
自分を殺しかけ、結婚相手を殺した、憎き犯人ビルを殺し、復讐を遂げようとする、凄腕の元女殺し屋。VOL.1では、何故殺されたかけたのか、などなど謎があったが、それらが解き明かされるのが本作。
ビルの弟を殺そうと、ビルの弟が住むトレーラーハウスに向かうが、殺し屋を察知したビルの弟に、逆にやられてしまい、生き埋めにされてしまう。彼女は脱出出来るのか?。ビルに敵を討つことは出来るのか?。

Vol.1は試写会で観たこともあり、前作を観てから時間が経っていて、最初の方は、こんな話だったかなとか思いながら見続ける。
今回は、カンフーが全体的に取り入れられていて、前作同様、やはり独特の世界観。
エルやビルとの対決でも、大どんでん返しがあって、最後まで見逃せない。
私は「う~ん」と思ったけれど、B級映画好きには(監督がそれを意図して作っていることもあり)たまらないと思う。好き嫌いがはっきりする作品だろう。
主演の元女殺し屋に、ユマ・サーマン。
エルに『愛しのロクサーヌ』の頃の可愛い彼女はどこに行った?の、ダリル・ハンナ。
エンドロールで、梶芽衣子の歌が流れるので、聞き逃しなく。
2004年・アメリカ 作品。
[PR]
by hoshinoirodori | 2005-07-31 23:32 | 映画 | Trackback
火星の水
今日のニュースでもやっていたし、夕刊にも載っていたが、
火星のクレーターの中にある氷が、ESAが打ち上げた火星探査機マーズ・エクスプレスから撮影された。
幻想的!。
といっても、それこそ、マイナス何百度という世界なんだろうな。


(copyright ESA/DLR/FU)


ESA(European Space Agency)

河北新報社

日本惑星協会
[PR]
by hoshinoirodori | 2005-07-30 01:09 | 自然・植物・宇宙 | Trackback(2)
冬瓜とえび
今日は、3週間に1回ぐらい、たま~に行く。中華料理店にて。
冬瓜とえびが入った定食。750円なり。
冬瓜って、こんな感じだったかなと改めて思う。薬膳料理教室での料理法と違うからかなぁ。
そういえば、先日、スーパーに行ったら、冬瓜が置いてあって、これまで目にもとめない野菜だったけれども、普通に手に入る食材なんだと、改めて実感。
味は、普通に美味しかった。
総合評点:83点。

それにしても暑い!。もっと緑地を!。もっと打ち水を!。
何とかして、気温を下げる努力をしないと、ヒートアイランドもいいところ・・・。
こんなとき、白い砂浜が広がるビーチで、涼しい潮風に吹かれるとか、残雪が残る山々を見ながら、冷た~い水でのどを潤すとか、避暑地に行きたいなぁ。
[PR]
by hoshinoirodori | 2005-07-30 00:33 | ランチ | Trackback
しょうが焼き定食
今日は、安券屋に行くため、普段行かない、というか今回で2回目の中華料理店にて。
しょうが焼き定食、750円なり。
15分ほど待たされて、出てきたのは、山盛りのしょうが焼きに、大盛りのご飯。
お腹一杯・・・。
味は、まあまあ。
総合評点:84点。
[PR]
by hoshinoirodori | 2005-07-28 22:50 | ランチ | Trackback
刺身定食
昨日は、いつもの和食屋にて。
刺身定食、800円なり。
この店に入ろうと、階段を上っていると、どこかで見たことがある人が上から降りてきた。
その人の顔を見ていなかったので、すれ違った後振り返ってみると、同じ会社の人だった。
あ、秘密の店が見つかったと思った。こうして、口コミは広がっていくのだろうな。

味はいつものように、美味しい。
総合評点:83点。
[PR]
by hoshinoirodori | 2005-07-28 22:47 | ランチ | Trackback
カーペンターズ「トップ・オブ・ザ・ワールド」
『A SONG FOR YOU』


カーペンターズ / 1972年6月発表
評価:★★★★★
試聴は こちら



「トップ・オブ・ザ・ワールド」は、アルバム『ア・ソング・フォー・ユー』に収録。最もカーペンターズが輝いていたというか、ヒットを飛ばしていた頃の作品。彼らとしては4枚目のアルバム。
カーペンターズはどのアルバムも好きだけど、このアルバムは私が最初に買ったカーペンターズのアルバムということで、とても思い出深い。久しぶりに引っ張り出してきて、聴いている。
このアルバムは、元々「トップ・オブ・ザ・ワールド」が聴きたくて購入したもの。しかし、「ハーティング・イーチ・アザー」「イッツ・ゴーイング・トゥ・テイク・サム・タイム(小さな愛の願い」「ブレス・ザ・ビースツ・アンド・チルドレン(動物と子供たちの詩)」「アイ・ウォント・ラスト・ア・デイ・ウィズアウト・ユー(愛は夢の中に)」などなど、名曲ぞろいだった。更にこのアルバムでは、隠れた名曲「ロード・オード(明日への旅路)」がある。この曲を聴くと、暮れなずむ丘を想像してしまう。

80年代前半~カレン死後の80年代後半に出た、AOR路線に行くのか?といった頃のカーペンターズも良いけれども、初期の頃の荒削りではあるけれども、美しいメロディーいっぱいの頃の作品も好きだなぁ。ジャケットもシンプルだし、カーペンターズのアルバムジャケットの中でも、最も好きなものの1つかもしれない。
「トップ・オブ・ザ・ワールド」は、そらで歌えるほど、それこそ何度も聞いたなぁ。


I'm on the top of the world look'in down on clearation
And the only explanation I can find
Is the love that I've found ever since you've been around
Your love's put me at the top of the world

                       (Carpenters「Top Of The World」)


よくみると、このアルバムは、物品税在りし頃、CDが3200円時代に買ったものだった。
[PR]
by hoshinoirodori | 2005-07-26 21:31 | 音楽 | Trackback
特選天丼
今日は台風が接近していることもあり、サンシャインシティ内の、天丼屋のてんやにて。この店は新規開拓。
特選天丼、確か620円なり。
何が特選か、それは海老が2匹入っていること。
海老、う~ん何かの魚、茄子がご飯の上に載っている。それにみそ汁。
いわゆる、カウンターメインの、席と席が狭い店。
今日は、店主が暴行を受けたことでも有名になったラーメン屋と、うどん屋が長蛇の列だったので、ここで食べる。
それにしても、子供が多い。夏休みだね・・・。
総合評点:74点。
[PR]
by hoshinoirodori | 2005-07-26 21:00 | ランチ | Trackback
ER 2005年7月25日放送分
今回は、寂しい話ばかり・・・。
やっぱり、第10シーズンは絶対、飛び道具が多過ぎ。
エリザベスは外科部長職を受けるのかなぁ。やっぱり、マークのことは思い出すんだな・・・。
ガラントはイラクへ出兵。とても世相を表しているなぁ。現実世界では、大量破壊兵器も見つかっていないし・・・。ということで、1年は出てこないので、次の第11シーズンで再登場ということなのかなぁ。最後にニーラとキス出来たのは良かったなと思う。
ケリーは本当に可哀想、エリザベスも同じ体験をしたので、そっとしておいた方が良いと思って、すぐに部屋を立ち去ったのだろうな。
アビーはテストに落ちて残念。でも、ケリーを慰める所など、ERのこれまでのキャラクターにない、優しさがあるなぁと思う。
次回は、ケリーもやっぱり、裁判沙汰・・・。
[PR]
by hoshinoirodori | 2005-07-26 00:41 | ER | Trackback
ゴシカ(GOTHIKA)
とある女性刑務所。入所者は、精神を病んだもの達だけ。そんな刑務所の病院に勤める主人公の精神医の女性。
ある雨の晩、車で帰宅途中、道路が陥没していたため、迂回を余儀なくされる。ある橋を渡ったところで、雨の中佇む女性を轢きそうになるが、間一髪でよける。しかし、この女性との不思議な出会いの後、主人公の記憶がなくなってしまう。
気付くと、自分が勤務している病院の隔離病棟に入れられていた。何と、自分は夫を殺したという・・・。謎が謎を呼び、驚きの結末へ・・・。

と、今まで観たかった作品の割りには、途中若干意識が遠のいたり(=眠くなった)して、十分入り込めず。ちょっとというか、かなりオカルト的なところがあって、物語に強引さが生じてしまった。
主演の女医にハリー・ベリー。
精神を病んだ女性受刑者に、ペネロペ・クルス。
女医の同僚の男性医師に、ロバート・ダウニー・ジュニア。
と共演陣は豪華なのに・・・。
2003年・アメリカ 作品。
[PR]
by hoshinoirodori | 2005-07-26 00:33 | 映画 | Trackback