NGC1300 ~ エリダヌス座・棒渦巻き星雲 Astronomical STScI-PRC2005-01
copyright NASA, ESA, and The Hubble Heritage Team (STScI/AURA)



映画、音楽、食べ物、詩など。夢を追う男です。   不定期な更新なので、たまにお越し頂ければ・・・。これからの季節の食べ物はやっぱり、『梨』でしょ!。               2005年4月3日~
by hoshinoirodori
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
全体
映画
音楽
ER

お目覚めアルバム
料理
レストラン
自然・植物・宇宙
旅行
ドルチェ
絵画・陶芸
体調
時事問題
テレビ
ランチ
愚痴
トラックバック
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 09月
2017年 06月
2017年 01月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 08月
2015年 02月
2014年 07月
2013年 08月
2013年 04月
2013年 02月
2012年 10月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
最新のトラックバック
トラックバック
from ほしのいろどり
大阪・日本橋電気街(でん..
from NIPPON-BASHI S..
コールド・クリーク 過去..
from Kristen Stewa..
プラダを着た悪魔
from Elegance Blog
「Those Were ..
from 湘南のJOHN LENNON..
タルトdeプレごはん。サ..
from 今日のごはん。
11月搭乗分JALバーゲ..
from マイレージサービス情報ドットコム
M:i:3~ミッション:..
from Rusty's Ci..
Grey's Anato..
from 表参道 high&low
二十四の瞳@新文芸坐
from ソウウツおかげでFLASHB..
ライフログ
夜のため息
クラブへようこそ
近未来の世界
春の風を感じて
夕暮れと懐かしさと
うきうき
国際児童年
学生時代の朝6時
北欧での出逢い
暮れなずむ丘
都会のドライブ
こごえる空に
都会の夜
北欧からの風
宇宙を感じる曲
恋の詩 歌い
寿屋の思い出
悲しき天使の歌声
検索
最新の記事
クルーナー・クラン!・フィー..
at 2017-11-04 15:33
彼岸花の花が咲かない
at 2017-09-30 17:01
BIONIC BOOGIE「..
at 2017-09-03 17:13
The 5th Dimens..
at 2017-06-03 16:33
HAREM『HAREM』 三たび
at 2017-01-07 17:06
Lamp「A都市の秋」
at 2017-01-03 13:56
mono-folio「Dee..
at 2016-10-03 10:53
Round Table fe..
at 2016-09-10 13:09
天神地下街「Life Qua..
at 2016-09-07 21:39
ルパンが終わってしまった
at 2016-03-19 18:13
クアルテート・エン・シー「A..
at 2016-02-15 19:28
アリアナ・グランデ 『ワン・..
at 2015-08-15 23:18
クリーン・バンディット『ラザ..
at 2015-02-20 11:34
ファレル・ウィリアムス「ハッ..
at 2014-07-13 13:30
ジャスティン・ティンバーレイ..
at 2013-08-04 17:22
グリー3
at 2013-04-11 21:07
チョコチョコ
at 2013-02-13 19:35
吉田美奈子「恋は流星 Par..
at 2012-10-07 01:31
カーリー・レイ・ジェプセン「..
at 2012-10-07 01:15
ジェシー・J「ドミノ」
at 2012-06-04 18:45
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2006年 04月 ( 23 )   > この月の画像一覧
ヴァージン・メガ・ストアー
久しぶりに、ヴァージン・メガ・ストアーに行く。
池袋の店は閉まったのかと思いきや、ホームページを見ると、丸井の上に移っていたみたい。
梅田の店はヘップ・ナビオの上にあったんだと思い、ちょっと驚き。でも、ちょっと狭い!。
さらに、福岡の店も、心斎橋の店もいつの間にか閉店していた。
タワーレコードやHMV等のCDショップとの競争が激しいんだなぁと思った!。
[PR]
by hoshinoirodori | 2006-04-30 23:20 | 音楽 | Trackback
白と白の円環
初めて見る 君の横顔
全く意表をつかれた 展開だけれど
白に包まれた君は 天使のよう

ほんとに初めて見るように 見違えた君
女の人は こんなに変わるんだ
そう また 心から沸き上がる この想い

さぞかし この瞬間を待っていたと
君は思うかもしれない
でも 僕にはそのことがわかっていた
いや わからなかったけれど わかっていた気がする

何も考えず 何も斜に構えず 何も思わない
ただその光景だけを 真正面から見つめる
そして 笑顔で受け止める
[PR]
by hoshinoirodori | 2006-04-27 00:27 | | Trackback
他国の軍隊の移転費を支払うなんて!
ここ数日、在日米軍のグアム等への移転費用を、日本政府が、と言うより日本国民が支払わされる話が出ている。ここでも、政府は国民にきちんと説明せぬまま、何となく税金を投入しようとしている。
こんな話は当然、前例もないし、なんで他国の軍隊の費用を払わねばならないのか全く理解出来ない。
そもそも、在日米軍は、日本政府(=日本国民)に、基地使用料を払っているか?、当然払っていない!。
米軍に頼らないと日本は守れないのか?、そんなこともない!と思う。
確かに、中国等への牽制にはなっていると思うが、敗戦後60年以上も経つのに、いまだ言ってみれば、占領状態というのも・・・。
政府は、相手にきちんと主張し、頑として、税金投入は行わずに、沖縄を始め、米軍基地をかかえる地元の負担軽減→基地全廃をすべきだと思う。
もし、アメリカに自衛隊の基地があって、自衛隊基地の移転費用をアメリカ政府に支払えと言って、アメリカ政府(=アメリカ国民)が支払うか?、当然答えはいいえである・・・。
[PR]
by hoshinoirodori | 2006-04-27 00:12 | 時事問題 | Trackback
玉子が割れる・・・
今日は、早く帰ってこれたので、閉店時刻が早い店へ。
念願の米と玉子を買ったはいいものの、玉子を落としてしまう。
結果・・・・、ほぼ無事だったのが4個、何とか中身が残っていたものが3個、
全滅が3個となってしまう・・・。
過去最悪の惨事となった。
米と玉子は一緒に買うべからず!、が今日の教訓。
[PR]
by hoshinoirodori | 2006-04-26 23:59 | Trackback
米と玉子
米の備蓄が少なくなってきているし、ここのところ、卵も買いそびれているので、昼食時に、スーパー2軒をのぞく。
うち、1軒では、300円以上買うと、玉子が99円になるとのことで、米も一緒に買おうかと思ったが、5kgで1990円ともうちょっとの価格だったし、職場まで米を持ち帰るのも・・・、と思い、その場は買わずにスーパーを出てくる。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
仕事帰り、わざわざその店まで足を運んだのに、米も玉子も売り切れていた。
ほんとうはもっと早く職場を出て、別の店で購入予定だったのに、出るのが遅くなったので、昼間のスーパーに行ったのに・・・・。
後悔先に立たず。う~ん、という感じの1日!。
[PR]
by hoshinoirodori | 2006-04-25 23:52 | Trackback
腱鞘炎
3週間ほど前から、左手が痛い。そう、腱鞘炎。
職場でパソコンを机のかなり手前に置いていたせいだと思う。
そこで、パソコンを机の奧の方に移動させた。
最初の1週間ほどは痛みを我慢したが、結局よくならず。
薬局に、インドメタシン1%配合のクリームを買いに行き、付けてみる。
しばらくすると、す~と痛みがひいてきた。結構、効き目は劇的。
この薬、薬局の店員曰く、同じ成分・同じ分量なのに、有名メーカーと有名じゃないメーカーの製品は、2倍の価格差があるのは、単純に知名度の違いと言っていたので、それを信じ、安い方を買った。それにもかかわらず、この効き目、単純に嬉しい!。
が、痛みは、左手の手首→親指と人差し指の間→薬指と小指の間、と微妙に移動していて、本格的な治癒には至っていない。
整形外科に行った方が良いのかもしれない、という気がしてきている・・・。
[PR]
by hoshinoirodori | 2006-04-25 23:42 | 体調 | Trackback
エジプト、ダハブでのテロ事件
またもや、と言うか。エジプトで昨年のシャルム・エル・シェイクに引き続き、ダハブでテロが起き、20数人の死者も出たとのこと。
詳細は、こんな記事など。
つい最近、同じシナイ半島のセント・カタリーナに行ったことがあり、人ごととは思えない!。
実際、ルクソール西岸の、ハトシェプスト女王葬祭殿では、かつて日本人が殺されたこともあって、ちょっと緊張した気にもなったが、全体的にエジプトは安全だった。
といっても、アスワン~アブ・シンベル間はコンボイを組んで移動したり、道ではあちこちに検問があり、自動小銃を下げた多くの警察官や兵隊を見たので、もちろんそれなりに治安は悪いのだろう。これまで行った国で、これほど厳重な警戒をしている国はなかったので、エジプトの警備の厳重さはとても印象に残った。
しかし、テロが起きると日本人は行かなくなる。国全体としては、観光にすごく力を入れているので、警備を強化している矢先ではあったと思う。エジプト自体そうそう行ける国ではないし、このテロが起こったからと言って、エジプト旅行を中止せずに、多くの日本人が、あの悠久の遺跡を見て来て欲しいなぁ!、と個人的には思う・・・。
[PR]
by hoshinoirodori | 2006-04-25 23:32 | 時事問題 | Trackback
ER 2006年4月24日放送分
ERも第11シーズンに突入。これまでの3話は、ああ、第10シーズンの最後はこうだったっけ、とか思いながらの話だった。
そして、迎えたシーズン4話目。


とうとう、エリザベスもいなくなってしまうのかぁと思うと、とても残念。7年間いたけど、うだつがあがらなかったなんて話を聞くと、才能がある人なのに・・・、と思ってしまう。
ということは、エリザベスの初登場は第4シーズンだったのかなぁ?。個人的には、あの頃が、ERで一番盛り上がっていた頃だったかもしれない・・・。
ジェリーは、管理職になったスーザンに、結構強気!。昇給願に、それが認められなければ、退職願も一緒に付けるあたり、ちゃっかりしている。
カーター君は、今度は、ソーシャルワーカーに手を出すのかなぁ?。まあ、私を含め、男は駄目だね!。
と、CSIにも、グレイズ・アナトミーにも?、視聴率で抜かれ、ERは残念ながら、末期症状を呈しているなぁと思う。
ゲストでロスとキャロルの登場とか、てこ入れが必要な気がする。
次回は、カーターの恋の行方も気になるところ!。
[PR]
by hoshinoirodori | 2006-04-25 00:45 | ER | Trackback(1)
ヘレン・メリル「ユード・ビー・ソー・ナイス・トゥ・カム・ホーム・トゥ」
『ヘレン・メリル・ウィズ・クリフォード・ブラウン』




ヘレン・メリル
(Helen Merrill)
/ 1954年12月録音
評価:★★★
試聴はこちらから。




『ヘレン・メリル・ウィズ・クリフォード・ブラウン』は、ヘレン・メリルの名盤中の名盤!。というより、私は彼女のアルバムはこれしか持っていない・・・。
なんといっても、その昔、とある住宅メーカーのCMで「You'd Be So Nice To Come Home To」がBGMに使われていて、それ以来、この曲が大のお気に入りになり、この曲聴きたさにアルバムを購入した。
ジャケットの写真も凄く良い感じなんだけど、個人的には「You'd Be So Nice To Come Home To」以外の曲がもうちょっと・・・。「Falling In Love With Love」や「S'Wonderful」も悪くはないけれど、全体的に、ちょっと暗めな感じがもうちょっとかなぁ。
でも、彼女のしゃがれた歌声が、日本で「ニューヨークの溜息」と評されただけあって、このアルバムからはニューヨークの夜!、の雰囲気がたっぷりと伝わってくる(行ったことはないけれど・・・)。
昔、カラオケでこの曲を歌ったときには、あまりにもアレンジが違いすぎて、歌いずらかった!。
曲もそうだし、歌詞もそうだけれど、冬の夜には、とても合う曲だと思う。

        You'd be so nice to come home to.
        You'd be so nice by the fire.
        While the breeze on high sang a lullaby.
        You'd be all that I could desire.
        Under stars chilled by the winter.
        Under an August moon burning above.
        You'd be so nice, you'd be paradise
        To come home to and love.
     
               (ヘレン・メリル「ユード・ビー・ソー・ナイス・トゥ・カム・ホーム・トゥ」)
[PR]
by hoshinoirodori | 2006-04-24 01:02 | 音楽 | Trackback
『ワールド・ジャズ・ウェアハウス』
FM COCOLO (76.5MHz) でやっているジャズ番組。
以前関西にいたときに良く聴いていたが、まだ放送中で凄く嬉しい。
若干スポンサーとかは変更があったみたいだが、番組の内容自体はほとんど変わっていなくて、いまでも安心して聴ける番組。
今、ちょうど放送中。毎週日曜日23時~翌1時までの放送。
個人的には、初めてこの『ワールド・ジャズ・ウェアハウス』のホームページを初めて覗いてみて、DJのクリスさんの顔が思っていたより、ず~と若くて、あっさりしているのが、とっても意外だった。
ジャズ好きな人には、おすすめな番組。
[PR]
by hoshinoirodori | 2006-04-24 00:35 | 音楽 | Trackback