NGC1300 ~ エリダヌス座・棒渦巻き星雲 Astronomical STScI-PRC2005-01
copyright NASA, ESA, and The Hubble Heritage Team (STScI/AURA)



映画、音楽、食べ物、詩など。夢を追う男です。   不定期な更新なので、たまにお越し頂ければ・・・。これからの季節の食べ物はやっぱり、『いちご』でしょ!。               2005年4月3日~
by hoshinoirodori
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
映画
音楽
ER

お目覚めアルバム
料理
レストラン
自然・植物・宇宙
旅行
ドルチェ
絵画・陶芸
体調
時事問題
テレビ
ランチ
愚痴
トラックバック
未分類
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 09月
2018年 04月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 09月
2017年 06月
2017年 01月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 08月
2015年 02月
2014年 07月
2013年 08月
2013年 04月
2013年 02月
2012年 10月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
最新のトラックバック
トラックバック
from ほしのいろどり
大阪・日本橋電気街(でん..
from NIPPON-BASHI S..
コールド・クリーク 過去..
from Kristen Stewa..
プラダを着た悪魔
from Elegance Blog
「Those Were ..
from 湘南のJOHN LENNON..
タルトdeプレごはん。サ..
from 今日のごはん。
11月搭乗分JALバーゲ..
from マイレージサービス情報ドットコム
M:i:3~ミッション:..
from Rusty's Ci..
Grey's Anato..
from 表参道 high&low
二十四の瞳@新文芸坐
from ソウウツおかげでFLASHB..
ライフログ
夜のため息
クラブへようこそ
近未来の世界
春の風を感じて
夕暮れと懐かしさと
うきうき
国際児童年
学生時代の朝6時
北欧での出逢い
暮れなずむ丘
都会のドライブ
こごえる空に
都会の夜
北欧からの風
宇宙を感じる曲
恋の詩 歌い
寿屋の思い出
悲しき天使の歌声
検索
最新の記事
桔梗湯
at 2018-12-08 15:21
Mario Biondi "..
at 2018-11-24 16:40
彼岸花 復活!
at 2018-09-16 20:14
avicii死去
at 2018-04-22 14:10
Mario Biondi「M..
at 2018-04-22 13:50
倉橋ヨエコ「東京」
at 2018-04-22 13:19
NONA REEVES 『S..
at 2017-12-24 11:55
クルーナー・クラン!・フィー..
at 2017-11-04 15:33
彼岸花の花が咲かない
at 2017-09-30 17:01
BIONIC BOOGIE「..
at 2017-09-03 17:13
The 5th Dimens..
at 2017-06-03 16:33
HAREM『HAREM』 三たび
at 2017-01-07 17:06
Lamp「A都市の秋」
at 2017-01-03 13:56
mono-folio「Dee..
at 2016-10-03 10:53
Round Table fe..
at 2016-09-10 13:09
天神地下街「Life Qua..
at 2016-09-07 21:39
ルパンが終わってしまった
at 2016-03-19 18:13
クアルテート・エン・シー「A..
at 2016-02-15 19:28
アリアナ・グランデ 『ワン・..
at 2015-08-15 23:18
クリーン・バンディット『ラザ..
at 2015-02-20 11:34
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
陶芸教室第3回目
今回は、粘土がちょっと固まっている(生乾き)ので、茶碗の形になるように削る作業を行う。
   1、手回しろくろに、茶碗を伏せて置く。
   2、底の台の部分に、竹串で、大きな円と小さな円を同心円状に描く。
     =円と円の間が、茶碗の高台となる。
   3、大きな円の外側をかんなで削っていき、茶碗の側面部分を薄く、流線型になるよう
     にする。
   4、小さな円の内側をかんなで削る。
   5、高台部分はとがっていると、焼き上がったものが、そこから割れやすいので、高台
     の面取りをする。
   6、底部分に、竹串で自分のサインをする。
これら作業は、削り過ぎると穴が開いて取り返しが付かないし、なかなか根気がいる作業。時間をかければかけるほど、良い物が出来上がる。とは言え、2時間ほどで、2個の茶碗の削り出しを行わねばならないので、忙しい。
結構、分厚く作ってしまっていたので、削っても削っても、側面は薄くならない。最後の1個は、見かねた講師が、時間がないので、思い切り側面を厚く削って、成形してくれた!ので、自分の作品ではないような感じになってしまい、ちょっと残念。それでも、2個とも、とても分厚いものになってしまい、実際に使った時に、だいぶ重いのでないかと思う。
[PR]
by hoshinoirodori | 2005-06-02 00:45 | 絵画・陶芸 | Trackback
トラックバックURL : https://seisai.exblog.jp/tb/784775
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 水無月の空気 白いふわふわ >>